物欲が止まらない。

トイレに最適なセラミックヒーターまとめ

2023/12/23
家電 0
スクリーンショット 2023-12-24 074539
寒いこの時期になるといつも憂鬱になるのが、極寒の朝一のトイレ

例の寄って我が家の1Fのトイレも真冬のこの時期は激寒。
スクリーンショット 2023-12-24 074613

でも常時暖房するような暖房器具は電気代が無駄だし、場所も狭いので大きいものは配置できない。
ファンヒーターなどを導入するのは明らかなオーバースペックでエネルギーの無駄使い。

そこで選択肢に上がるのが人感センサー付きセラミックヒーター

我が家で導入したのは3機種を紹介と選択肢に上がった機種をまとめてみる。


アイリスオーヤマ PCH-125D-W


サイズ 幅24.0x高さ34.1x奥行11.1cm
重量 2.1 kg
出力1200W
実売 4,980円


一番定番と言えるかも知れないこの機種。我が家も歴代2機種と登場したのがこの機種
非常にコンパクト
Amazonのおすすめ順にもいつもトップに君臨していて、それだけ売り上げているのだと思う。

おそらくスペックと価格を考慮するともっともバランスが取れていてデザインもベーシックで、選択肢として間違いはないと言えるかも知れない

この機種はダイヤル式とボタン式の2種類が販売されているが、デザインが気にならないならダイヤル式がおすすめ。どちらも導入したことけど、ダイヤル式の方がささっと操作できるし、しかも安価。
IMG_8943.jpg
トイレよりやや広い脱衣所にもこの機種を導入していて、そこでもしっかり暖めてくれる。

ドウシシャ コーナーヒーター  CHY-101J


サイズ 幅20.5×奥行13×高さ39cm
重量 約 2.4 kg
出力 1000W
実売 6,511円


この機種の特徴はコーナーにおけるという事。
まあどの機種でもコーナーに置くことは可能ではあるけど、これは本体後ろが三角形になっていて、コーナーに配置するのに特化した機種と言えるかも。
脱臭炭を用いた脱臭機能もあり、特にトイレに特化した製品と言える。


アイリスオーヤマ  JCH-TW122T-W


サイズ 幅15.0×奥行15.9×高さ40.0cm
重量 2.6kg
出力 1200W
実売 7,600円

セラミックファンヒータータワー型 2way (縦置き/横置き) 1150W コンパクト マイコン式 
横置き、縦置きの2種類が選べるのが特徴
またこの機種もドウシシャのと同じくコーナー配置にも適している。
幅15×高さ40×奥行16cmと普通にコンパクトだけど横置きにすると更に圧迫感がなくなるのでおすすめ。

シャープ HX-RS1-W 


サイズ 幅19.0×奥行19.0×高さ46.0cm
重量 約3.1kg
出力 1200W
実売 12,800円

もっと価格が高くても良くて、大きさが気にならないなら最もこの機種がおすすめ。
我が家にずっとある機種
大きくはなるがトイレでもギリ気にならない程度
年によっては持ち運んで6畳の部屋に使ったりもしているけど、十分温まる。
空気清浄機能付きでその点もトイレにも適しているかと
高さがあるので足元だけでなく全身を暖めてくれる印象があり、体感温度が高い。
スクリーンショット 2023-12-23 130111



モダンデコ セラミックファンヒーター


サイズ 奥行11.1x24.0x高さ33.3cm
重量 2.1kg
出力 1200W
実売 7,500円

デザインで選ぶならこれ
スクリーンショット 2023-12-23 130719
この通りとにかくカラバリが豊富
木目調が良いとかカラフルがいいとかならこれが有力な選択肢になるかと。

またアイリスオーヤマPCH-125D-Wとサイズ感が似ていて小さい。


山善  DF-J121(W)



サイズ 奥行13×幅26.5×高さ38.5cm
重量 2.5kg
出力 1200W
実売 5,500円

アイリスオーヤマの次に定番機種なのがこちらかと思う。
この機種も1200Wで速暖なので、ある程度のスペックを求めるならこの機種
家電量販店はもちろんニトリでも取り扱っている店舗があるので実物はチェックしやすい。


スリーアップ  CH-T2038WH



サイズ 奥行11×幅25×高さ27cm
重量 約 2.5 kg
出力 1200W
実売 3,980円

信頼できる主だった製品の中では最も安価な製品。
スリーアップとは空調器具を販売している企業で、2008年に設立されたシーゾナブル家電の販売を行う大阪の企業。
これも1000wと高出力なのにお値段は3000円台
スクリーンショット 2023-12-25 172056
サイズはアイリスオーヤマ PCH-125D-Wに近く非常にコンパクト。



人感センサーについて

どの機種人感センサーで消えるのが遅いというレビューをたまに見るけど、それは仕様(大体3分で消える)だし、動きで検知するので、人がいなくなったことを検知するのは時間がかかる。
もし人感センサーで消える即時であれば、あなたがトイレで少しじっとしているだけで消えてしまい、そして動くと点くを繰り返して暖房も効かない上に、ON・OFFせわしなくカチカチして落ち着かない機種となると思う。人感センサーはそんなものと決め込んだほうが良い。3分でOFFという仕様がスタンダードだがそれでいいと思う。それが気に入らなければ手動でON/OFF切り替えましょ。




便座ウォーマーがある場合は強にしておくとある程度の寒さを凌げる

スクリーンショット 2023-12-23 141113
これだけセラミックヒーターを紹介しておいてどうかと思うけど、トイレの寒さ対策として便座ウォーマーがついた最近のトイレであれば冬の間だけ一番強いモードにしておけば、ある程度の寒さは気にならない。
体の一部でも温ければ意外と寒さは気にならないもので、男性も最近は殆ど座(すわ)ション派なので、便座で暖がとれる。
気になる電気代も便座の蓋を閉めることによってある程度節約できるし、真冬の電気代の中では誤差の範囲内ではある。(夜中早朝は稼働させない節電モードを備える機種もかなりある)
ただこれは初冬、春先の間の話であって、東京でも真冬の朝はそれだけでは凌げないので、やはりセラミックヒーターなどとの併用がおすすめ。
便座ウォーマーはセラミックヒーターの稼働期間を真冬の間だけにして短くして電気代を浮かせるという話。

ちなみに、
便座ウォーマーにかかる電気代は24時間つけっぱで電気代の目安は1ヶ月でおよそ340円
セラミックヒーターの電気代は1200Wで1時間32.4円
となる。

まぁ便座ウォーマーの一番の利点は場所を取らないことだと思う。
セラミックヒーターと併用でより暖かくなるし暖房のサブとして考えても良さそう。


まとめ

大体似たりよったりではあり、価格が高ければそれ相当のスペックとなっていて、その分、大きかったりもするので、スペースとお財布に相談といった感じ。


【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい!

Comments 0

There are no comments yet.
家電