物欲が止まらない。

壁掛けCDプレイヤーで眠っているCD資産を活かそう ~Amazon No1の壁掛けCDプレイヤー導入~

2023/09/17
ガジェット 0
90年代に青春を過ごした音楽好きの40~50代のおっさんが世帯主のお家に大量にあるもの。
スクリーンショット 2023-09-17 124226
これ、CD。

サブスク全盛の中、CDは大量に持っているのにCDプレイヤーは持っていないという矛盾を抱えている世帯もおそらく多数。
写真は、これでもだいぶ処分したが、まだある我が家の書斎にあるCDなのだがCDを聴く環境といえばPCからAVアンプを経由して聴くかプレステ4で再生するか。
で、PCもプレステ4でもサブスクで音楽が聴けるので、それでCDを聴くのは全く意味がない。
筆者もYoutubeMusicを利用していて、今の音楽環境ではスマホで聴いていて、それをBluetoothやAirPlayでAVアンプに飛ばして大きなスピーカーなどで無限な楽曲を聴く事もできる。
また、GoogleNestAudioなどのスマートスピーカーで聴いたりもしている。
グーグルスマートスピーカー、ステレオ2台×2=合計4台でのグループ再生のすすめ

CDの価値はほぼゼロ

cd-2588173_640.jpg
先日GEO(ゲオ)でのCD買取サービスが停止したとのニュースが出てきて久しい。そしてそれに続く買取業者も出てきて、それくらい今はCDは価値がない。

レコードやカセットの場合はアナログなので、聴いていてノイズや帯域の狭さが今となっては心地よく、当時の雰囲気を味わうなどの嗜好的な楽しみ方もある。さらにレコードディスクの状態が良ければ価値が上がり、初版であったりなどで、そこに希少性が加われば発売時の市場価値より上がることも多々ある。
CDの場合は記録がデジタルなので、どんな状態でも同じ音で割と高音質で聴けてしまって、そこが逆につまらない。リセールとしてもなかなか価値は上がらないだろうし、市場にたくさん出回っていて、今はサブスク時代が来たため、数年前から皆が手元のCDを売りに出したので中古市場も飽和状態。将来CDの価値が上がることを期待して保有していても、残念だけど我々が生きているうちはCDが今のレコードのような希少価値を持つことはないだろう。そもそもそのレコードでさえも初版でもなんでも無いものは1枚千円前後で売られているものがほとんど。皆さんの手元にあるCDも、よく見るとおそらく再販でありきたりなものがほとんどではないかと。それらは尚の事、価値がない。

このCDたち、大量になればとにかく場所を取る
特に限定版とか特殊パッケージとか、2010年代後半なんてサブスクと差別化を図るためDVD付3枚組だとか、無駄に付加価値をつけようとして限定版で溢れていて、そういうのが特にかさばる。。

しかし、せっかくこうやって場所を専有してまで保管しているのであれば、たとえ無価値であったとしても、それらは自分にとっては思い出の品。
収納しておくだけではもったいない。

そのCDが例によって我が家でも大量にあるわけだが、このCD資産をどうしたら良いのだろうか。
それはちゃんと聴いて上げましょ うのがこの記事。
ここはリセールで処分するとかではなく、聴くことにより本来のCDとしての役割を果たしてあげるのが一番というお話。

でAVアンプに高級CDプレイヤーを買って繋いで気合い入れて聴くとかそういう話ではなく
もっと手軽にもっとカジュアルにCDを聴く方法として壁掛けCDプレイヤーの導入をおすすめしたい。

壁掛けCDプレイヤーのすゝめ

715M0G8YwnLACSX679.jpg
今回、Amazonで定番の4000円代で購入できるこちらの壁掛けCDプレイヤーをゲットした。
タイムセールやクーポンを使えば4000円代前半で購入できることも。

これらは決していい音とは言えないのだけど、それが逆に昔CDラジカセで聴いたような懐かしい雰囲気を醸し出し、いつの間にか頻繁にこれらのプレイヤーを稼働させていることに気付いた。

2000年代前半にPCやiPod、MP3ウォークマンではなくCDを聴く時は気合を入れてCDでデッキを介して聴いていたけど、今のサブスク時代、これくらいライトな聴き方が心地よい

この際、今だからこそのおすすめのCDプレイヤーまとめ記事でも書いてみたいけど、今回はこのAmzonの4000円代で購入できるプレイヤーをメインとして書いてみる


どうもこの手のモデルは商品名を変えてあちこちで違う価格で売られているが、商品写真を見てボタンの配置、大きさなどデザインすべてがが全く同じであれば同じものと捉えていいと思う。

そして今回購入したこのAmazonでも定番の壁掛けCDプレイヤーも例によってAmazonだけでも、ぱっと見たくさん商品名やブランドを変えて出品されている。中には同じ形なのに8000円とか1万円とか、法外な価格がつけられていたりするけど、飽くまで現在の市場適正価格は4000円代前半であることをお忘れなく。。
IMG_7203.jpg
こんな小さな箱でそのまま送られてくる
IMG_7204.jpg

IMG_7205.jpg
シャンプーハット?要らない・・

IMG_7231.jpg
アンカーとネジが付いているがアンカーを使うことはおすすめしない
本体は540gとそこまで重たい機器ではないので、石膏ボードであればこのピンで十分
スクリーンショット 2023-09-22 171604
ピンが3本入っている
 IMG_7233.jpg
これを取り付けようのプラスチックのマウントの穴に打ち付ける
IMG_7235.jpg
これを3箇所繰り返す。この手の取り付け法なら賃貸も問題なさそう。
IMG_7234.jpg
四隅に大きな穴があるけど石膏ボードでなくて、木製などの壁や柱であればここに木ネジを取り付けることが出来る。この方が取り付け法として安心ではある。
また石膏ボードでも付属のアンカーを使ってこの四隅の穴に取り付けることが出来る。筆者は持ち家だけど、石膏ボードにアンカーを打ち付けて穴を開けるのには抵抗があるので、今回はこのように石膏ボード用のピンを使って取り付けた。

本体下部の電源プルコードはUSB電源に繋げればOK
IMG_7236.jpg
プルコードを引っ張ってしばらく経てば再生開始
IMG_7237.jpg
基本引っ張ったら再生、もう一度引っ張ったら電源オフで停止とこれだけでも操作可能
IMG_7239.jpg
本体上部に基本操作のボタンがある

スクリーンショット 2023-09-17 132223
さらに細かい操作はこちらのリモコンで出来る。
本体上部のボタンは見えにくいので、基本リモコンで操作することになる。
IMG_7350.jpg
リモコンは本体近くで壁につけたまま操作出来るように半固定。

壁掛け以外でも付属のスタンドでの再生も可能

IMG_7251.jpg
ただ壁掛けCDプレイヤーはやっぱ壁掛けが無難だと思うので、付属のスタンドは再生中のCDを置いて"Now Playing"的なものにした。

まぁ音質は想像通り。
IMG_7353.jpg
この小さなスピーカーからステレオサウンドがでて本体はUSB給電で520g程度なのでそんなパワーは期待できない
しかし壁掛けCDプレイヤーである以上はそれは仕方がない。価格も価格だし、目的はCDを活かすこと。昔の音源を音質は拘らずに敢えてこれで聴くのが、昭和のラジカセを思い出すようでまた心地いい。
あとCD部分に蓋がないのもこの商品の特徴だけど、自分は気軽にCDを再生するためには蓋は無い方が良いと思う。横向きなのでホコリの影響は少ない。安価なのでそんなことは気にしない。
ただキッチンなどで使うなら蓋はあったほうが良いかも知れない。


無印の壁掛けCDプレイヤーと比べて

スクリーンショット 2023-09-19 120354
これで思い出して、以前から家族が持っていた壁掛けCDプレイヤーのパイオニア?である無印の壁掛けCDプレイヤーも引っ張り出して比べてみた。

大きさは無印製のほうが小さい
スクリーンショット 2023-09-19 120422
上が無印製。色も少し違って真っ白ではない。

スクリーンショット 2023-09-19 115241
無印製壁掛けCDプレイヤー

なんと壁掛けマウントが同じ。今回購入した商品のマウントそのまま無印の壁掛けCDプレイヤーが設置できた。

まぁ要するに今回紹介しているこの商品は無印のパクリかその延長なわけだけど、今市場に溢れている数々の壁掛けCDプレイヤーはこの無印の壁掛けCDプレイヤーをパクっているか少なくとも意識して影響を受けていることは間違いない。
IMG_7353.jpg
その証左がこのプルダウン式電源。電源ケーブルを引っ張れば電源ONでCD再生が始まるという仕様は、今市場にある壁掛けCDプレイヤーの殆どが採用している。

ただし、無印壁掛けCDプレイヤーの一番の問題は音質。今回紹介したAmazonの4000円代のが音は遥かにいいと考えて良い。
音質は敢えてこだわらなくて良いという先程の話と矛盾してしまうが、無印CDプレイヤーの音質はAMラジオ並なので流石に許容できない人も多いかもしれない。無印壁掛けCDプレイヤーは蓄音機のような嗜好品と考えたほうがいいかもしれない。

そして無印壁掛けCDプレイヤーの価格(14,000円)なことを考えたら、Amazonで4,999円からクーポン割引で4,000円代半ばの今回紹介したこちらのほうが圧倒的におすすめ。正直、無印壁掛けCDプレイヤーのアドバンテージは無印というブランド以外ほぼ見当たらない。
あとは無印壁掛けCDプレイヤーは本体、リモコンが小さいので、どうしても小さいのがいいとかの好みの問題もあるかと。

スクリーンショット 2023-09-19 122611
無印製壁掛けCDプレイヤーのリモコン

ちなみに無印壁掛けCDプレイヤーは超ロングセラーで、2013年頃にリニューアルを行っていて、それが今回紹介したCPD-3というモデルだ。FMラジオや外部入力などに対応してリモコンも付いたりしているが、音質が悪い点は変わりはなく中国製。
まぁ今回記事に取り上げたAmazonのも中国製ではある。日本製を応援したいと思って無印をチョイスしたとしてもどちらも中身は実は中国製。


この商品はBluetoothやUSBメモリ、SDカードと外部入力でも再生可能だけど、わざわざ音質がイマイチのこれでは聴かないだろう。今後もおそらくCD再生機能しか使わないと思う。
音質の悪さ?というのは気軽さのトレードオフだろうし、90年代、子供の頃にCDラジカセで聴くような懐かしさもあり、あえてこれで聴くのが心地いい。

IMG_7347.jpg IMG_7346.jpgIMG_7349.jpg
この部屋ではBoseのスピーカーとDenonのAVアンプで7.1ch環境でPCやプレステでCDを再生できるのだけど、敢えてそれでCDを聴かない贅沢。




関連記事:
  • 先日、Amazonで4000円代で購入したGuerayというブランドの壁掛け壁掛けCDプレイヤーが意外と使い心地が良かったので、無印の壁掛けCDプレイヤーと徹底比較していこうかと思う。無印以外の壁掛けCDプレイヤーは似たりよったり?外部出力端子が欲しかったので、他にもGuerayというブランドのもう1機種でBluetoothの送受信機能が付いて微妙にデザインが違うものも調達した。今回の比較とは別のGuerayブランドの機種色々な機種の比較は...

    ガジェット

Comments 0

There are no comments yet.
ガジェット